日下部詩音先生の句:

2022年10月27日に投稿
渋柿やひとつの想ひ廻りをり
【解説】
苦い思い出が幾度となく甦ってくる。
想いが廻るほどにだんだん甘みが増してくる。

贈り物の一覧

贈り物はまだありません。

ログインすると、 もっと楽しめます。

トップへ ログイン